青蓮寺阿弥陀堂

青蓮寺阿弥陀堂

基本情報

上相良氏三代・相良頼宗が鎌倉時代・1295年(永仁3年)に、初代・相良頼景の菩提供養のため黒肥地・亀田山に阿弥陀堂を創建しました。

永仁6年には、頼影婦人青蓮尼の位牌所として青蓮寺を建立しました。寺名は頼景後室・青蓮尼に由来します。

御堂は4柱造りの茅葺で広さ9.09m、軒高約4.48m、軒から棟まで高さ約7.58m、阿弥陀如来像と両脇侍とともに国指定重要文化財に指定されています。県内最大の茅葺堂です。
3尊は法印院玄の作で、「相良氏と京都とのつながりがあり彫られたものではないか?」とされています。

1994年から3年間の大改修で、創建当時の姿に復元されました。

  • 阿弥陀如来像と両脇侍 : 国指定重要文化財
  • 木造地蔵菩薩立像、古墳塔群 : 県指定重要文化財


アクセス

  • 熊本県球磨郡多良木町大字黒肥地字北山下 地図
  • 東多良木駅から車で5分、徒歩15分

青蓮寺阿弥陀堂 青蓮寺阿弥陀堂 青蓮寺阿弥陀堂


お問い合わせ

TEL:0966-42-2637