薩摩街道佐敷宿(さつまかいどうさしきしゅく)

基本情報

薩摩街道佐敷宿

薩摩街道の難所・佐敷太郎峠を越えると、国史跡佐敷城跡のある丘陵と佐敷川に挟まれて、漆喰塗篭の土蔵造の民家、町家群、寺院などで構成された伝統的たたずまいを持つ町並みがあります。

佐敷は、南北朝時代に城下町として発展し、その後、交通の要衝にあることから宿場町として栄えました。

旧薩摩往還沿いの新町、上町、本町には、土蔵造を混じえた町家が軒を接して建ち並び、のこぎり家並みや短冊形地割が見られます。


所在地 〒869-5394

  • 熊本県葦北郡芦北町


アクセス

  • JR鹿児島本線佐敷駅から徒歩15分


お問合わせ

佐敷地区町並み保存会 TEL 0966-82-4821

薩摩街道佐敷宿 薩摩街道佐敷宿 薩摩街道佐敷宿