老神神社 【人吉市】

国指定重要文化財の社殿 老神神社!!

基本情報

祭神は霧島神宮と同体で、縁結びや安産の他、酒の神様としてもあがめられています。

社殿は、江戸時代初期の寛永5年(1628年)に相良家20代藩主長毎の命により建造されました。平成2年に国指定重要文化財になりました。

本殿は、茅葺で入母屋造りの覆屋に守られ、壁には花鳥の彫刻、柱頭には禅宗様式の組み物、拝殿の入り口には鬼が座り屋根を支える珍しい姿が見られます。

境内には、西南戦争時代の禅痕が残る天満宮(学問の神様)、郡市では数少ない弁財天(芸能の神)など4社があるのも特徴です。


アクセス

熊本県人吉市老神町


周辺スポット

人吉城跡


お問い合わせ

人吉市役所 TEL:0966-22-2111