神瀬(こうのせ)石灰洞窟

神瀬(こうのせ)石灰洞窟

基本情報

日本最大の洞口を持つ洞窟!!

観光スポットで有名な球泉洞の近くにあります。
この神瀬の石灰岩の洞窟(鍾乳洞)は、中生代の三宝山帯(2億3千5百万年~1億4千3百万年以前)の石灰岩の地層で出きており、開口広さ45m、高さ17m、奥行き70mと、日本最大の洞口を持つ洞窟とされています。
洞窟付近は、ひんやりとした空気(波動?)を感じます。

洞窟の入り口には、熊野座神社が建てられています。
熊野座神社は1427年に設立された神社で、伊邪美命、速玉男命、事解男命を神として祭ってあります。
この三神は、熊野三社権現として日本のあちらこちらに祭られています。
地元では縁結びの神様として親しまれています。

コウモリが生息し、数百羽のイワツバメが越冬するそうです。

  • 県指定天然記念物


利用案内

駐車場・トイレあり


アクセス

  • 熊本県球磨村大字神瀬字堤 地図
  • 九州自動車道人吉ICから約20分
  • JR白石駅から徒歩約10分

神瀬(こうのせ)石灰洞窟 神瀬(こうのせ)石灰洞窟 神瀬(こうのせ)石灰洞窟


周辺スポット

  • 球磨村森林館
  • 球泉洞