人吉・球磨(相良藩)の歴史

相良藩 約700年の伝統の中で、人吉・球磨地方には数多くの歴史・文化遺産が残っています。


相良氏とは・・・

鎌倉幕府の源頼朝の命を受け、遠江国相良庄(静岡県牧ノ原市相良)からこの人吉庄にやってきて地頭になりました。

室町時代には、薩摩や日向に兵をさしむけて領地を拡大。一時は球磨・八代・芦北の三郡を支配するが、豊臣秀吉の九州征伐に破れて、球磨郡のみの支配となりました。
それから当時の山城を自然の地形を防御に活かした石垣造りの城へと修築しました。

関ヶ原の戦いでは、豊臣方から徳川方に転じ、以降廃藩置県(明治4年)まで、この球磨郡の領主を努めました。